忍者ブログ
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末の失敗と釣れる自信の少なさから
今日になるまでかなり頭の整理がついた。

コンディションは東がらみの風が強く、雨であるが
レイク的には増水傾向にあるのでシャローの展開も
考慮に入れつつ船を出す。
IMG_7919.JPG















想像しているバスのポジションではスローにアプローチを
心がけ本湖中心に流していく。

手長エビの有無とハードボトム、そしてルアーのレンジ
さらに傾向として、弱、弱、弱 と アクション、風当たり、ルアー選択
を弱くすろと少ないながら、サイズの良いバスが反応をしはじめた。


NEC_0062.JPG


















5g tx ロッククロー 



明らかに、シャローに魚がさした感じがした。
回復傾向ではあるが動き回るほど回復していなく
シャローにとどまっている魚。
横方向には反応しないがステイで反応する個体。

さらに気になる流入河川をチェックする。
チェックで入った3本目の川でかなりのポテンシャル
と遭遇。このまま雨が続くと消滅しそうではあるが
水面直下までバスが出てくるほど高活性。
ほとんど落ちぱくの世界。
水質がかなり良いのと手長のリンクが原因。


IMG_8035.JPG







(雨でしたので画像は前週の川の模様です)





それも上、中、下流ともどこでも良い感じ。
でもあと2日持たないだろうと判断。(濁りが出る為)
違うエリアへ移動

今回、どうしても見つからなかった回復系横の釣り
をはめたくて、小移動を繰り返す。
考えられる持ち駒を組み替えていくと



    ドカン!

NEC_0057.JPG



  キロアップ!
















朝からの弱、弱、弱 を頭に 風裏プロテクトエリアで
早期にシャローサイドがネストエリアだったチョイ沖側に入ると

さらに      ドン!



NEC_0059.JPG






1300位?






この後も魚の反応が良く、ひとつ駒が増えた
とにかく 風裏でスローにレンジを下げて
ブレイク側を平行にコース取りを行うと反応がよい。
ベイトやら、稚魚(フライ)、キャットまでが
プロテクトエリアで身を隠している。
そんな印象を強くもった。
普段、霞水系でスピナーベイトを使う場合3/8 ozがメインだったが
1/2 oz をセレクトし、力を下げる為に DEEPER RANGE 
を使うことで波動を下げる事がかなり重要に思えた。

そんな感じで1日が終了。
釣果とは裏腹に体調悪し!
へとへとになりながら、片付けと試合の準備を行う。
ふう

続く
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。
弱いストロング! これも考えて明日もパトロールしてきます。
利根川のケロロ 2009/06/06(Sat)22:20:46 編集
Y,YAMAMOTO official  blog
HN:
 Y , Yamamoto
性別:
男性
自己紹介:
Member of W.B.S.

―Sponsors―
MARUKYU co.,ltd.
 ・NORIES
・ECOGEAR
MORRIS co.,ltd.
・VARIVAS
・GRAN
HONDEX(Echo tech)
SANSUI YOKOHAMA
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
code
A search in the blog
The latest track back
アクセス解析
Counter
カウンター

Copyright (c) This is my life All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]