忍者ブログ
[215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [207]  [206]  [205
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




こんにちは(笑)



昨夜は仲間内で新年会でした。


最近、ブログを更新していない!とのご指摘があり

ましてオールスターは何も公開していない?

とのご指摘がありましたので

今回は、その辺の話を。。。。(汗)



あの試合でのスピナーベイトの使い方?

どのようにスピナーベイトを使ったか?

について公開します。

(シチュエーション等はbasserを参照に)




ルアーの種類にもよるのですが

いかに自然に泳がせるか?と言うのが

キーになる状況が釣りには存在します。


ちょうど波動とかリアクションとかの部類とは

対局なアクションです。


あの試合での釣り方がまさにそんな感じでした。



むかーし、昔。銀山湖や中禅寺などで

トラウトのスプーンをやっていたのですが

Uターンする魚がかなりいたのですよ。


IMG_03913.jpg



















魚のポジションからカウンターでルアーを出現させられるような

障害物もなく、オープンな状況で

いかに、見破られずに

水面に追いつめられるベイトフィッシュを

演出するか?
そんな釣りでした。


普段、釣りしてるマディーな水質では無かったので

今回の利根はまさにそんな釣りが存在したのですね。


クリアーな水と風もあまり無い状況では

ルアーの強さを最大限に弱くする必要があった訳です。


IMG_0206.JPG














波動の弱いディーパーレンジをロッドを立てて

リーリングではなく

ラインの重さで引いてくる。(寄せてくる)


管釣りのトラウトの人なら理解しやすいと思います。



なので今回はめったに使わない 1/4 ozが活躍したのですよ。


餌釣りやワームのようにテンションを抜く作業が

ハードルアーにも存在するのですね。


そんな事を意識するとハードルアーも

かなりやばい領域に入りますよ(笑)


3ad9b164.jpg









ちょっとムズイ?


でもこれが僕のルアーフィッシングで追い求めてるテクニックの1つです。


いつか完成させてやりますよ!



どう?わかった?













PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どうもです。今年もよろしくお願いします。
ラインテンションを抜いてハードベイトを使う。
いやぁ~ハイレベルです。さすがです。
ワンシャを使うときは意識しますが・・・
アチ★ベス 2012/01/22(Sun)21:49:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Y,YAMAMOTO official  blog
HN:
 Y , Yamamoto
性別:
男性
自己紹介:
Member of W.B.S.

―Sponsors―
MARUKYU co.,ltd.
 ・NORIES
・ECOGEAR
MORRIS co.,ltd.
・VARIVAS
・GRAN
HONDEX(Echo tech)
SANSUI YOKOHAMA
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
code
A search in the blog
The latest track back
アクセス解析
Counter
カウンター

Copyright (c) This is my life All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]