忍者ブログ
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末の1st 代替戦は、予想以上のハイウエイトで終了しました。

それにしても優勝の修弥さん。かっこよすぎです。

f8d0a8ab.jpg







5420g!


「写真提供:W.B.S.」


カエルですよ、カエル!

8add50a6.jpgなかなかやりきれないですよね












キャパ広いですよね、勉強になりました。

さて、プラの話から。(1週間前)

前回の北浦戦からの流れで、比較的曇りがちな天候になれば

ハード系の横の動きで比較的簡単に魚は釣れていました

と言うより、活性が高く巻物の方が仕事が早く、

広範囲にチェックできるような感じが続いていました。

風当たりと地形の関係、水位が低めの時の魚の

ポジション、サマー場所(出っ張り、アウト寄り、水の流れ)

を意識すれば巻いているだけで反応が強く出ていました

特にアオコが出ている場所は水がよどんでいる証拠で

全く駄目な感じ。

ルアーの使い分けは引く場所のタイプ別で選択。

ジャカゴや石ずみ、アシなどはスピナーベイト3/8 oz

テトラは同 1/2 oz
 
また今回、メインにしていた

少し沖の岩盤フラットでのバイブレーションは

6d7bd7a1.JPG








エントリー





ベイトが差しているスペシャルなエリアが

存在していて腹パンの金色の魚がスクールしている印象をうけた。

そんなルアーを太陽がたまに出るので

波動や色を弱くすることでローテーションしていきました。

参考までに

スピナーベイト→ シャローロール(強波動)

           ディーパーレンジ(弱波動)

バイブレーション→ エントリー(強アピール)

             BTS(弱アピール)

そんな使い分けをしてました。

ただし非常にサイズを選べないのがこの釣りで

試合で考えたら、微妙な感じ。

外してはいないが正解ではない感じなので

ほかのパターンを探すことに。

すると釣れる数は極端に少なくなるが

東岸のリーズと杭でサイズアップが出来る感じ。

まあ、終日天気が良くなかったので

ボーナス日と捉えて

前プラで晴天の釣り方を全力で探すことで

本番に天候が変わっても対応しようと

考えてプリプラをまとめた。


IMG_0347.JPG











続く




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Y,YAMAMOTO official  blog
HN:
 Y , Yamamoto
性別:
男性
自己紹介:
Member of W.B.S.

―Sponsors―
MARUKYU co.,ltd.
 ・NORIES
・ECOGEAR
MORRIS co.,ltd.
・VARIVAS
・GRAN
HONDEX(Echo tech)
SANSUI YOKOHAMA
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
code
A search in the blog
The latest track back
アクセス解析
Counter
カウンター

Copyright (c) This is my life All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]