忍者ブログ
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


6月に入りましたね。

週末の試合では、日焼け止めもぬらず

2日間すごしてしまい

偏光のあとがばっちりついて

ホモー田ホモ男みたいで

471e44a1.jpg




電車の中ではすっかり変なおじさんに

見られていると思います。




さて今回のプラですが

5月のゴールデンウイークから

週一のペースでには通えていました。

IMG_8633.JPG














天候不順の影響もあり

5月の前半は普通のいつもの霞ヶ浦でしたが

ちょうど試合の2週間前の大潮がらみから

例年に無く釣れ始めた感じがしました。



御蔭で、プリ~ポスト、アフターとエリアごとの

産卵に絡む魚の進行具合から

ポジションの傾向、癖まで

かなりの情報が整理されたと思います。



2週間前の釣行では今年一番多くの数の

ペアリングの魚を直接目で見る事が出来ました。



また、本湖ではポストの魚が7g以上のシンカーをつけた

抵抗の無いワームでリアクション的に動かす

釣りで口を使わす方法や

(コンポジットツイン、フィリンプ)

acd32f72.jpgda9abd19.jpg







大型のトップで反応させる方法などが解かってきました。

e18cc6ba.jpg





(ジュピタ)



又、流入河川等ではもっと季節が進み

回復傾向の魚が回遊を始め

ローライトなら

風を読むことでスピナーベイトに簡単に

釣れることもわかりました。



キーはアシの岬に対する風の角度

ルアーのトレースコースが重要でした。

ただし上にひっぱり上げられるほどは

回復しておらず

弱い波動とレンジを落とした

1/2 oz のディーパーレンジが活躍しました。

ee8e8b0f.jpg








又、アシ前の何かを丁寧に釣ることも

定番ですが重要で

ロングワーム(ハッスン)のネコリグを

着底後の倒れ込みで反応させていきました

81bb9d74.jpg







特に濁りがキツイ洲の谷原では

ロングワームの方が反応が良かった感じでした。





さらに試合前週の土日はさらに好調で

10時には20本以上の魚を釣っていました。


たぶん霞ヶ浦水系を得意にしている

釣り人ならみんな簡単に魚が釣れていたはず

と言うより簡単すぎる状況。


魚が上ずっている事に気付きさえすれば

良く釣れましたよ。



やはり他の人からも20本以上釣ったとか

5本7kgとか景気のいい話が多過ぎた。

F1000302.JPG


















なので試合前のブログにも書きましたが

リセットすることにしたのです。

なんだか連れ過ぎているのが

不安だった訳で


誰でも釣れるのが頭を悩ませたのです。



こんな好調な霞ヶ浦、久々でした。

F1000299.JPG


















だからこそ、前プラに調整することに

決めたのです。






今日はこの辺で!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Y,YAMAMOTO official  blog
HN:
 Y , Yamamoto
性別:
男性
自己紹介:
Member of W.B.S.

―Sponsors―
MARUKYU co.,ltd.
 ・NORIES
・ECOGEAR
MORRIS co.,ltd.
・VARIVAS
・GRAN
HONDEX(Echo tech)
SANSUI YOKOHAMA
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
code
A search in the blog
The latest track back
アクセス解析
Counter
カウンター

Copyright (c) This is my life All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]